減築 リフォーム 費用

  • 愛着のある家だから、つぶしたくない
  • 子供が出ていって部屋が余っている
  • 物置になっている部屋を活用したい
  • 身体障害&年老いて広すぎる部屋を小さくしたい

 

減築をするきっかけは人さまざまです。

 

そもそも、減築とは?何なのかわからない人もいると思うので、減築のこのサイトを読んでもらえると減築の基本からメリット&デメリットまでわかるようになります。

 

 

減築とは?

 

ものすごくシンプルに説明すると、住宅の床面積を減らすようなリフォームのことです。

 

減築する理由&どんな種類があるのか?

 

増築リフォームを聞いたことがある人は多いですが、減築リフォームというのは聞き慣れないかもしれません。

 

減築は増築の反対の工事を行うもので、たとえば2階建ての家屋から階段や屋根を撤去して平屋にする方法や、平屋の不要となった部屋を撤去することで庭先を広げてガーデニングができるスペースを作るといった種類があります。
また、2階建てのいくつかの部屋だけを減らすということも可能で、敷地面積は変わらないものの、住宅の面積が減ることで広かった家の掃除やメンテナンスにかかる手間や費用を抑えることができます。

 

特に親子家族で住んでいた時とは違い、子供が家を出るとこれまでの住居が広く感じてしまい寂しい気持ちになる親世代が、広すぎる家を狭くしたいときに行います。

 

また、面積は変更しないまでも、間取りを変更して部屋数を減らす方法もあります。

 

たとえば壁で仕切って2部屋にしていた部分を、壁を取り除くことで1部屋にして吹き抜けや坪庭にすることもできます。
身体が自由に動かなくなった(障害、年齢)ときにも減築する方が多くなっています。

 

メリットはこちらでも紹介しています⇒メリットについて

 

減築の種類をまとめると

 

  • 二階建て⇒平屋
  • 部屋数多⇒部屋数少

 

大きくはこの二つだと思ってもらえたら良いです。

 

減築するときに必要な確認申請と必要のない場合はどんなときか

 

減築を行うと居住スペースは狭くなりますが、光熱費やリフォームにかかる費用や、固定資産税や都市計画税といった税金の支払額を減らすことができるほか、狭くした分を庭や駐車場などの新たな用途に利用することができたり、災害で自宅が被害を受けた時に周辺の住宅を巻き込んでしまうリスクを減らすことができるなど、様々なメリットがあります。

 

 

減築を実施する際に疑問となる点の一つは、行政手続きが必要なのかということです。

 

住宅の新築時には建築確認申請や完了検査申請などを行って、検査に合格しなければ工事の継続や建物の利用ができませんが、減築の場合は単に床面積を減少させるだけである場合は確認申請は不要とされています。

 

ただし、建物の用途を変更する場合や、主要構造部の大規模な修繕や模様替えを伴う場合は、確認申請の手続きが必要となります。

 

行おうとしている減築が確認申請が必要なケースに該当するかどうか判断できない場合は、自治体や施工業者に問い合わせて確認をしましょう。

 

悪徳なリフォーム業者によっては売り上げを上げるために本来してはいけないリフォームを薦めるような業者も中にはあります。

 

信頼のできるリフォーム業者を探す目を養うことが肝心です。

 

優良業者を選ぶポイントをこちらで紹介しています⇒業者選びのポイント

 

減築する際のメリット&デメリット

 

家族が多ければその分だけ部屋が必要になり、大きな家となりますが、子供が成長して家を出るようになれば部屋が空いてしまい家が広く感じることになります。

 

せっかく建てた家を狭くするのに意味があるのか疑問に感じる人もいるかもしれませんが、これまで住んでいた人が出て行くと、家が広くなって寂しさが募ることもあります。

 

使わない部屋を無くしてしまえば掃除の手間も省くことができ、無駄に広かった空間が丁度良い大きさになることで、落ち着いた生活ができるというのが減築のメリットとなります。

 

特に2階建ての家を平屋にしてしまえば、老後でも階段を上り下りする必要がなくなり、転げ落ちてしまうという危険性もなくなるので安心して暮らすことができます。

 

全体的な面積が狭くなることでメンテナンス費用も抑えられるので、終の棲家として考えれば様々なメリットがあります。

 

ただし、減築するためには工事期間が必要となり、リフォームの規模にもよりますが、仮住まいが必要になることがあります。

 

子供や親戚で住まわせてもらえる場所があれば良いのですが、無い場合は自分で探す必要があり、時間や費用がかかるというデメリットもあります。

 

また、全ての住宅で減築ができるというわけではないため、まずはリフォーム業者と相談してどこまで可能か確認しなくてはいけません。

 

2011.3.11に起きた東北の大震災、2016.4.14に起きた熊本地震以降耐震性を向上させるために減築をするという動きはますます広まっています。

 

部屋の重心を低くすることによって耐震性を向上させることができます。

 

リフォームおすすめ本&優良業者を選ぶポイント

 

おそらくほとんどの人は一度も減築をすることなく人生を終えると思います。

 

だからこそ、建築業・リフォーム業の経験がなければ減築なんて言葉すら知らないかもしれませんね。

 

増改築の経験だってないかもしれません。

 

減築もリフォームの一種類です。減築をするためには大きなお金がかかります。

 

事前にしっかりとリフォームについて学んでおかないと大失敗するかもしれません。

 

数万円の失敗ならまだ立ち直れるでしょうが、減築リフォームになると数十万円〜数百万円のお金がかかります。

 

失敗は絶対に許されませんよね。

 

だからこそっしっかりと減築リフォームについて学んでから、業者を選んでください。

 

知識を身につければ、優良業者を選ぶ目も養い失敗も防ぐことができます。

 

リフォーム知識を身につけるのにおすすめなのが本を読むことです。

 

リフォーム費用と比較して、1000円から2000円程度と安価なので大きな失敗をしないためにも知識を身につけましょう。

 

中でもおすすめなのは、リフォームの青本です!!

 

リフォームの青本,減築

 

こちらの本に載っている優良業者を選ぶ方法をご紹介します。

 

選ぶポイント

  • 第一に誠実であること
  • プロとして提案力がある
  • たしかな技術力
  • 手直しの対応が早い
  • 小さな工事でも喜んでやる
  • マナー・気配りが丁寧
  • 適正な工事金額である

 

詳しく知りたい方はぜひ、リフォームの青本を読んでみてください。今なら無料でもらえますよ。

 

お取り寄せ:リフォームの青本>>

減築した方の喜びの声

新築時に容積率いっぱいに建物を建ててしまったために、新たに仕事用の事務室を増築しようと思ったときに建てられなくなってしまいました。事務室を増築するためには容積率を減らさなければならず、減築を考えました。1階部分は減らすところが無く、2階部分の使っていない部屋を減らすことで、事務室を増築するのに必要な容積率を確保しようと思いました。

 

2階部分を減らすのには副次的な効果も期待できました。2階の一部を減らすことで、地震に対して1階部分の負担を減らし、結果として、家全体を地震に強くできることです。今まで瓦で葺いていた屋根も鉄板系のガルバリウムに葺きかえることで、さらに地震に対して有利になり、安心して生活できるようになりました。

 

減築は建築基準法など法律の知識が必要で、専門家である建築士の力をかりなければなりません。建築士との話し合いでは、こちらの希望を包み隠さず話すことで、建築士から良いアイデアを引き出すことができました。

平屋建ての我が家では、家の隅にある部屋は長年娘が使用していました。

 

でも娘が結婚を機に家を出て行ってからは使う用事もなく、そのまま放置していたのです。物置にすればいいと主人と言っていたのですが、もともと物置用の倉庫が屋外にあったこともあり、部屋に入る頻度は月に一度掃除をする時ぐらいでした。

 

そんな部屋を減築しようという話が出てきたのは、もっと庭を広くしたいと私が夫に相談した時でした。

 

我が家には小さな庭はありますが、あこがれのガーデニングをするにはもう少し広い面積がほしかったのです。主人の提案に最初は、娘がいた部屋を減築してまで自分の希望を叶えていいのかと不安でしたが、実際に減築リフォームをすると部屋の面積分だけ庭が広くなった以外のメリットもありました。

 

特に私が嬉しかったのは、家の掃除が楽になったことです。

 

掃除自体は苦ではありませんでしたが、物置同然の娘の部屋がなくなった分だけ自由な時間が増えました。今はその増えた時間で、庭の手入れをするのが日課になっています。

父から相続した2階建ての戸建て住宅に長い間住んでいましたが、子供も独立して夫婦二人の生活になり、また年齢的にも2階への階段の上り下りが苦しくなってきたこともあって、2階のスペースがほとんど物置状態になっていました。

 

このままでは、私たちが亡くなったときに、遺品を整理するのにも手間がかかって大変だろうと、家の中のいらないものを処分するとともに、平屋への減築を決意しました。工事も終わり、子供たちの手も借りてようやく落ち着いて住めるようになりましたが、思い切って減築して本当によかったと思います。

 

家の中がすっきりしましたし、掃除や洗濯といった家事の手間が大きく省けたといって妻も大変満足しているようです。うまく部屋を分けてもらったので、子供が孫を連れて帰省しても泊まれるスペースもできました。また、孫も一人だけなので、将来的にはこの家なら夫婦と子供一人の三人家族ならば十分に暮らせるでしょうから、子供に残していけるものができて大変うれしく思います。

実家をリフォームするときに、迷いに迷ったのですが、減築を実行しました。

 

普段の生活からすると、リビングと居間、キッチン、そして二階の畳の間、洋室があれば十分だと思ったのですが、その他に、東側に4畳半の和室が二つありました。その内の一つは仏壇が作りつけになっていました。迷ったのは、この仏壇をなくしても問題ないかということが大きな要因でした。

 

結局は、大家族ではなくなったので、二つの和室はなくす方向で、皆さんに色々お知恵を拝借しました。お寺さんにもお伺いし、コンパクトな仏壇を用意すれば全く問題ないというアドバイスもいただき、思い切って二間を減築しました。

 

今は、そのスペースはコンクリートを張ってもらい、バーベキューゾーンとなっています。孫たちが大喜びで、気候がいいときから寒さが体にこたえるまでの間は、我が家になくてはならないとっておきのエリアとなっています。

 

そして、何よりも歳をとった私たちにとっては、掃除スペースが少なくなったこともあって、快適な毎日となっています。